Q. ハンググライダーを始めたきっかけは?
fv_13_01 小さい時から両親にキャンプや海によく連れて行ってもらっていて自然がすごく好きでした。その頃から雲を見るのが好きで、特にたくましく美しい入道雲が大好きでした。そして中学生の頃のある日、急に雲を見ているだけでは飽き足らないようになって「あのきれいな雲に近づきたい!空を飛びてぇー!!」という衝動に駆られました。 それ以来、テレビやポスターなどできれいな景色を見るたび「飛びてぇー衝動」が出るようになりました。(笑)
それでもう大学に入ったらハンググライダーを始めると決めていたので、大学生になってすぐに和歌山県にあるトノエアーハンググライダースクールに入りました。
大学二年になった今年は約10年ぶりに近畿大学でリッジライダーズというハンググライダーサークルを復活させ、活動は基本的に土日で平日も空いている日があれば飛びに行っています。大阪周辺に住んでいれば朝から飛びに行って夕方からバイトをすることも可能で、自分のペースで練習ができるサークルです。関東に比べ関西圏はまだまだハンググライダーをしている学生が少ないので、これからもっとハング仲間を増やし関西圏も盛り上げていけたらなと思います。

■ プロフィール
学生

■ ホームエリア
紀ノ川フライトパーク
トノエアーハンググライダースクール
(和歌山県)

 

 

 

Q. よかったことってある?
自分の世界が広がったことです!
初めはただ飛びたいという一心で始めましたが、ハンググライダーで出来ることは自分の想像をはるかに超えていました。500mの山から飛び、上昇気流を使って雲の底1000〜2000mまで上がったり、上昇気流を乗り継いで何十キロ、何百キロ先まで飛んで行けると知り、ワクワクが止まりませんでした。
また、ハンググライダーを始めることでたくさんの人との出会いがありました。経験豊富で丁寧に教えてくださるインストラクターの方とアシスタントの奥さんをはじめ、いつもおもしろくて優しい社会人のフライヤーの皆さん、大会や合宿で知り合った全国の学生の友達、全部が自分にとっていい出会いで、心からハン
fv_13_02
ググライダーを楽しめています!! fv_13_02b

 

Q. 一番の魅力って?
空を自由に飛び回ること、飛ぶこと自体がこれ以上にない魅力だと思います。鳥を間近に一緒に飛べたり、上昇気流を使って薄い雲の底まで昇っていく感覚は他では味わえない興奮と楽しさがあります。そして何より、空高くから見る雄大な景色は格別にきれいです。僕が初めて一人で山から飛んだ時は穏やかな夕暮れ時でした。そこで見た夕焼けはいつも地上から見るどこ fv_13_03
かもの悲しさを感じる夕焼けではなく、全身を包みこまれるような温かい感動的な景色でした!あの日見た景色は一生忘れることはないと思います!
でも自分はまだ飛び初めて日が浅いのでハンググライダーの魅力をまだまだ少ししか感じてないと思います。これからもっと上手くなって今まで行ったことのない遠くまでいったり、 違うエリア、違う世界で飛んだり、これから自分が想像もできないことが待っていると思うとワクワクします!

 

Q. 今の目標は?
今の目標はハンググライダー学生選手権のエキスパートクラスで優勝して学生チャンピオンになることです。学生選手権のエキスパートクラスでは日本選手権と同じようにパイロンを設定し大体20〜35kmもの距離をいかに速くゴールできるかを競います。これに出て優勝するためにはもっと多く本数を飛び、気象を勉強し、機体を乗り換えパイロットライセンスを取得しなければなりません。しかし、自分はまだまだその域に達していないので自分に足りていない所を一つ一つ無くしていき、目標に一歩ずつ近づいて行こうと思います。そして最終的にはハンググライダー日本選手権に出て成績を残し、日本代表として世界の舞 fv_13_04
台で活躍することが僕の夢であり目標です。(写真は今年2013年の世界選手権王者のマンフレッド・ルーマー選手から、今年の日本代表選手だった外村先生が僕の名前入りでサインをもらってきてくださったものです。)

 

fv_backnbrs
バックナンバー
      16 勝つためのフライトを学んで…
烏山エリア(栃木)
15 飛ぶということが快感に
獅子吼高原エリア(石川)
14 こんなにも素晴らしい世界が
足尾山ハング・パラエリア(茨城)
13 上昇気流を使って雲の底まで
紀ノ川フライトパーク(和歌山)
12 ハングひと筋35年
舞鶴・神埼フライトエリア(京都)
11 目標はXアルプス
朝霧高原猪之頭エリア(静岡)
10 空を飛びたい
岩屋山フライトエリア(兵庫)
09 パラを始めて世界が変わった
南陽スカイパーク(山形)
08 人間も空を飛べるなんて!
河口湖スカイリゾート(山梨)
07 鳥より高く飛んだ時
パラフィールド(静岡)
06 空と友達!
関東のエリア
05 機体と自分がひとつになった…
板敷フライトエリア(茨城)
04 ハング・パラの魅力を伝えたい
霊石山フライトエリア(鳥取)
03 大空を飛べる楽しさを知った
琴平岳フライトエリア(長崎)
02 自分で飛んでみたい!を実現
堂平山フライトエリア(埼玉)
01 地球を感じる写真を
烏山エリア(栃木)
00 開け、空!という思いをこめて
野田スポーツ公園(千葉)

〒114-0015 東京都北区中里1-1-1-301 TEL: 03-5834-2889 FAX: 03-5834-2089 E-mail: こちらをご覧下さい    | プライバシーポリシー |