JAPAN HANG&PARAGLIDING FEDERATION
社団法人 日本ハング・パラグライディング連盟
スカイスポーツ講座登録スクール一覧フライトエリア一覧JHFのご案内JHFレポート リンクサイトマップ総合窓口・お問い合わせ
 

フライヤーサポートデスク  
連盟からのお知らせ
フライヤー会員について新規登録と登録更新
技能証について
IPPIカードについて
会員住所氏名変更
注文・申請・応募
事故報告等 各用紙
実技科目チェック表他
リパック認定証について
助教員検定について
教員検定について
各種保険について
国際技能記章
デジタル無線機貸出
よくあるお問い合わせ

  委員会組織  
常設委員会について
安全性委員会
HG競技委員会
PG競技委員会
補助動力委員会
役員選任実行委員会

  大会情報  
競技について
ハンググライダー
パラグライダー
日本選手権
ハンググライダー
パラグライダー
アキュラシー
世界選手権
ハンググライダー
パラグライダー
アキュラシー
FAI/CIVL
イベントカレンダー

   Records
      記 録
 
国内記録(JHF)
日本記録(JAA)
ハンググライダー
パラグライダー
世界記録(FAI/CIVL)


安全性委員会(JHSC)
 TOP > 安全性委員会(JHSC)TOP
セーフティノーツ型式登録・登録機リストハンググライダー整備安全対策委員事故報告
JHSCについて・議事録事故報道速報


■更新情報
登録機リストHG(機体情報登録機) [2016.7.29]

はじめに

 飛行機で運ばれるのではなく、自分自身で自由に空を飛びたいという夢を持っている人は何十万人、何百万人もいると思います。しかし、「事故も結構多いみたい」 と聞けば、それじゃチョット・・・と考えてしまう人も多いのではないでしょうか。
 日本ハング・パラグライディング連盟の最大の仕事はその事故を防ぐための秩序を確立することで、フライヤーについては技能証制度、機体については型式登録制度、 大会についてはルールブックを自主的に制定し実施してきました。連盟の各委員会の中でも特に事故防止のために組織された私たちの安全性委員会は、これらの中の機体 の型式登録を担当するほか、事故調査をしてその結果を情報として提供し同じ事故の再発防止をはかってきました。
 連盟は以上のような自主規制をしていますが、事故を確実に減らしていくためには飛行に当たってのフライヤー自身の責任による適切な判断が欠かせません。しかし 安全性委員会だけでこれら全てに関わっていく力はありません。連盟全組織の力とフライヤーの皆様のご理解が絶対に必要です。私たちは、前記の仕事に加えて、今後は さらに各組織やフライヤーの適切な判断に役立つような内外の事故情報と安全情報の収集と提供に努力したいと考えております。本当に地味な、根気のいる仕事ですが、 このことを通じ事故防止のため少しでもお役に立ちたいと願っております。皆様のご協力を重ねてお願い致します。

 
セーフティノーツ
 
 DHVやメーカー等が発表する耐空性改善に関する通 報。
詳しくはこちら

 
登録機リスト
 
 安全性基準の策定と施行、型式登録、試験等の実施を行った機材のリスト。
詳しくはこちら

 
HG整備
 
 JHFのハンググライダー整備認定者がハンググライダーの整備を行い、整備内容を記録し、機体に整備票ステッカーを貼る制度。
詳しくはこちら

 
安全対策
 
 日本国内で発生した事故に対し、迅速に情報を収集。そして事故原因を究明することにより事故の再発を防止しフライヤーの安全に役立たせることを目的としている 『安全対策委員』 について。
詳しくはこちら

 
事故報告
 
 事故報告のお願いとその方法、事故報告書事故概要、重大事故調査報告書
詳しくはこちら

 
JHSCについて・議事録
 
 委員の紹介、運営規程、安全性委員会議事録を掲載。
詳しくはこちら

 
整備票
 
 報道機関による事故報道をJHF事務局が理事会、都道府県連盟、登録スクール・クラブ向けに配信しています。
詳しくはこちら
プライバシーポリシー © Japan Hang & Paragliding Federation   All Rights Reserved