putty ssh
JAPAN HANG&PARAGLIDING FEDERATION
公益社団法人日本ハング・パラグライディング連盟
スカイスポーツ講座登録スクール一覧フライトエリア一覧JHFのご案内JHFレポート リンクサイトマップ総合窓口・お問い合わせ
 

フライヤーサポートデスク  
連盟からのお知らせ
フライヤー会員について新規登録と登録更新
技能証について
IPPIカードについて
会員住所氏名変更
注文・申請・応募
事故報告等 各用紙
実技科目チェック表他
リパック認定証について
助教員検定について
教員検定について
各種保険について
国際技能記章
デジタル無線機貸出
よくあるお問い合わせ

  委員会組織  
常設委員会について
安全性委員会
HG競技委員会
PG競技委員会
補助動力委員会
役員選任実行委員会

  大会情報  
競技について
ハンググライダー
パラグライダー
日本選手権
ハンググライダー
パラグライダー
アキュラシー
世界選手権
ハンググライダー
パラグライダー
アキュラシー
FAI/CIVL
イベントカレンダー

   Records
      記 録
 
国内記録(JHF)
日本記録(JAA)
ハンググライダー
パラグライダー
世界記録(FAI/CIVL)


大会情報
 TOP > 大会情報[大会の予定]
ハンググライダー競技について

 練習生を卒業したら、競技会に出場できます。国内では日本選手権をはじめ大小の競技会が開かれ、世界選手権は2年に一度開催されます。
 高レベルの競技会では「いかに短時間でゴールまで飛ぶか」を競います。海外大会ではゴールまでの距離が100kmを超えることも珍しくありません。選手は地形や気象条件から上昇気流発生の時間と場所を予測し、効率のよいコースやスピード配分を考え、小さな気流も見逃さず…と、五感を研ぎ澄まし頭をフル回転させてゴールを目指します。また、多数が楽しむための大会では、滞在時間の長さや正確さ、着地の正確さ等を競うこともあります。

 
ハンググライダーの大会
 
JHFハンググライディング競技委員会をご覧下さい。


パラグライダー競技について

  自由飛行が出来るようになれば、空で行われるレースに出場できます。指定地点を順番に回り、指定地への到達タイムで順位 が決まります。スタートの方法にはテイクオフ付近上空で待機して、決められた時間にいっせいにスタートする「Race To Goal」と、決 められた時間内に選手それぞれが、任意のタイミングでスタートする「Speedrun To Goal」(または「Elapsed Time」)があります。レースのほかにも、着地精度を競うアキュラシー(ターゲット)競技や、滞空時間を競うデュレーション競技など、初心者でも気軽に参加できる大会が全国で開催されています。国内では日本選手権をはじめ大小の競技会が開かれ、世界選手権は2年に一度開催されます。第2回アジア選手権は徳島県にし阿波で開催されました。

 
パラライダーの大会
 
JHFパラグライディング競技委員会をご覧下さい。

プライバシーポリシー © Japan Hang & Paragliding Federation   All Rights Reserved