Q. パラグライダーを始めたきっかけは?
fv_06_01 小学校のころ家族旅行で行った場所で、スカイダイビングをやっている人を見て、自分も空を飛んでみたいと思ったのが、空への憧れの第一歩でした。それ以降、もし空を飛べるなら飛んでみたいという想いがありました。そんなとき入学した大学に、なんとパラグライダーサークルがありました。サークルの勧誘会でみたPVに魅かれ、体験飛行会へいってみることに。
身体がふわっと浮く感じに、やみつきになり、あっという間に入部しました。そこからはパラグライダーを操作することが楽しくて楽しくて、練習をたくさんしました。低高度からのショートフライトで練習を積み重ね、高度が上がるごとに空から見える景色が変わり、それに伴って気分も高揚し、知らないうちにパラグライダーにどっぷりとハマっていました。
 Promotion Video

■ プロフィール
学校教員
20代

■ ホームエリア
関東のエリア

 

 

Q. よかったことってある?
たくさんありますがここでは2つあげたいと思います。
ひとつは飛びそのものに没頭でき、スッキリとした気持ちになれることです。「空」という未知の空間は、私にとって、とても魅かれる空間であり、危険な怖い空間でもあります。その空に飛び立つということで、集中し緊張感をもってフライトに臨みます。飛んでいる最中も、空のことだけを考えているので、日々の悩み
fv_06_2
など知らない間に吹っ飛んでいます。そして、なんといっても空からみる景色はとってもキレイです。自らの手で高度を上げ、出会えた壮大な景色は、なんともいえないくらい感動します。安全にランディングができた後は、ピリッと締めていた緊張が緩み、清々しい気持ちで笑顔いっぱいになります。また、パラグライダーを通して、たくさんの人、場所と出会えたこともやっていてよかったことのひとつです。普段は楽しくふざけ合っているけれどフライトには真剣なサークル仲間をはじめ、気さくなエリアのイントラさん、社会人さんに出会えたことで、フライトをより充実したものにすることができました。フライト中に仲間に手を振ったりするのはとても楽しいですし、(高度を)上げている仲間をみて、負けるもんかっと頑張れたり、降りてから空の様子やフライト技術について話したりするのは、同じ空間を飛んでいる仲間同士だからこそ熱くなれるのだと思います。大学での遠征では、鳥取砂丘や山形、福井、足尾など様々なエリアに飛びに行くことができました。そこで全国のパラグライダーサークルの仲間に会うことができ遠征や大会をより楽しく過ごすことができました。社会人になっても連絡を取り合いツアーの計画を立てたり、ブログで仲間のフライト日記を読んだりすることも日々の仕事を頑張る励みになっています。

 

Q. 一番の魅力って?
最大の魅力は、空や風を感じられることだと思います。
飛んでいるときは、空や風と話しながら、グライダーの敏感な揺れを察知し無我夢中にフライトしています。グライダーがサーマルにぶつかり、上に引っ張られる感じは、パラグライダーをやっていなければ味わうことのできない魅力だと思っています。「高くまでおいでよ」とサーマルに呼ばれる感じやシンクに入りどんどん高度が下がってしまい、「逃げろっ」と思いながらアクセルを踏んでいるときは、空と話しているようで、一人で飛んでいるけれど、空に友達がいるみたいでどきどきわくわくします。
また、トンビが目の前で上げているのをみて「こっちだよー」と教
fv_06_03
えてくれているような・・・。そんな不思議な感覚を空で味わえることに魅力を感じています。
正直なところ、文章だけでパラグライダーの魅力を伝えるのはとても難しいです。なので、飛んでみたい方はぜひ体験フライトをしてみてください!きっと、すぐに分かるはずです。私がサークル勧誘のときによく言っていた言葉があります。それは「(サークルに)入っても入らなくてもいいから、絶対に体験してみた方がいいよ!!人生の中で空を飛ぶ感覚なんてそう味わえないからっ!」でした。パラグライダーを続ける、続けない、どっちにしても体験してみることをオススメします。私は体験して、その魅力を知りました。だから、その魅力をどんどん知ってもらえたらいいなと思います。

 

Q. 今の目標は?
様々なエリアで安全に楽しく飛ぶことです。社会人1年目の現在は、大学時代に飛び慣れていたエリアからでて、関東のエリアでフライトをしています。パイロット証をとったばかりで、初めてのエリアへ一人で行くことはとても不安でした。しかし、エリアの方々は笑顔で迎え入れてくださり、とても親切にいろいろと教えていただけたので、安心して、そして何より楽しく飛ぶことができました。
大学生のときに「パラグライダーはパイロット証を取ってからが、スタートだ!」とサークルのOBの方に言われたことがありました。パイロット証を取り、また、社会人になり慣れたエリアから離れてフライトしてみると、本当にその通りだと実感しました。そこには、まだまだ出会ったことのない空やエリアならではの魅力がたくさんありました。なので、様々なエリアで安全に楽しく飛
fv_06_04
んでいけるよう、もっともっと技術や知識を磨き、まだ出会ったことのない空に出会っていきたいです。

 

fv_backnbrs
バックナンバー
      16 勝つためのフライトを学んで…
烏山エリア(栃木)
15 飛ぶということが快感に
獅子吼高原エリア(石川)
14 こんなにも素晴らしい世界が
足尾山ハング・パラエリア(茨城)
13 上昇気流を使って雲の底まで
紀ノ川フライトパーク(和歌山)
12 ハングひと筋35年
舞鶴・神埼フライトエリア(京都)
11 目標はXアルプス
朝霧高原猪之頭エリア(静岡)
10 空を飛びたい
岩屋山フライトエリア(兵庫)
09 パラを始めて世界が変わった
南陽スカイパーク(山形)
08 人間も空を飛べるなんて!
河口湖スカイリゾート(山梨)
07 鳥より高く飛んだ時
パラフィールド(静岡)
06 空と友達!
関東のエリア
05 機体と自分がひとつになった…
板敷フライトエリア(茨城)
04 ハング・パラの魅力を伝えたい
霊石山フライトエリア(鳥取)
03 大空を飛べる楽しさを知った
琴平岳フライトエリア(長崎)
02 自分で飛んでみたい!を実現
堂平山フライトエリア(埼玉)
01 地球を感じる写真を
烏山エリア(栃木)
00 開け、空!という思いをこめて
野田スポーツ公園(千葉)

〒114-0015 東京都北区中里1-1-1-301 TEL: 03-5834-2889 FAX: 03-5834-2089 E-mail: こちらをご覧下さい    | プライバシーポリシー |