putty ssh
JAPAN HANG&PARAGLIDING FEDERATION
公益社団法人日本ハング・パラグライディング連盟
スカイスポーツ講座登録スクール一覧フライトエリア一覧JHFのご案内JHFレポート リンクサイトマップ総合窓口・お問い合わせ

フライヤーサポートデスク
連盟からのお知らせ
フライヤー会員
新規登録と登録更新
技能証について
IPPIカードについて
会員住所氏名変更
注文・申請・応募
事故報告等 各用紙
実技科目チェック表他
リパック認定証
助教員検定について
教員検定について
各種保険について
国際技能記章
デジタル無線機貸出
事故防止のための注意と提言
よくあるお問い合わせ

委員会組織
常設委員会について
安全性委員会
HG競技委員会
PG競技委員会
補助動力委員会
役員選任実行委員会

大会情報
競技について
ハンググライダー
パラグライダー
FAI/CIVLイベント
ハンググライダー
パラグライダー

記録
国内記録(JHF)
日本記録(JAA)
ハンググライダー
パラグライダー
世界記録(FAI/CIVL)

技能証について
 TOP > フライヤーサポートデスク [技能証について]
 日本各地のフライトエリアで飛ぶためには、パイロット技能証の所持が義務づけられています。 JHFは日本のハンググライディング・パラグライディングの統括団体として、ハンググライダー・パラグライダーパイロットの技能を認定し、技能証を発行しています。JHFの登録スクールに入校して、教本の各課程で求められる練習をし検定に合格した人が取得できます。 スクールではA級課程からパイロット技能証課程まで順にステップアップしていきます。
 JHFの技能認定制度は国際航空連盟(FAI)のハンググライディング・パラグライディング委員会(FAI/CIVL)による国際技能標準に沿った教習課程で実施していますので、海外でフライトされる方には世界各国で通用する国際技能証「IPPIカード」を発行します。 ※技能証を取得する際は、フライヤー宣言をし、フライヤー会員登録をしなければなりません。

   

ハンググライディング(HG) パラググライディング(PG)
■A級パイロット技能証(A証) ■A級パイロット技能証(A証)
教員の指導の下、単独にて低高度での安全な離陸、着陸、指定方向への直線飛行ができる技能を習得 教員の指導の下、単独にて低高度での安全な離陸、着陸、指定方向への直線飛行ができる技能を習得
■B級パイロット技能証(B証) ■B級パイロット技能証(B証)
教員の指導の下、単独にて低高度での離陸、着陸、直線飛行及び旋回飛行ができる技能を習得 教員の指導の下、単独にて高高度での離陸、着陸、直線飛行及び旋回飛行ができる技能を習得 
■ノービスパイロット技能証(NP証) ■ノービスパイロット技能証(NP証)
エリア管理者の承認を得た場合、管理された空域の範囲内で、自己の判断と責任において安全に高高度飛行ができる技能を習得 エリア管理者の承認を得た場合、管理された空域の範囲内で、自己の判断と責任において安全に高高度飛行ができる技能を習得
*ハンググライディングC級技能証(2021年6月発行停止)について
新規制定されたハンググライディングノービスパイロット技能証の発行に伴い、
C級技能証の発行を停止。それまでに習得したC級技能証は引き続き有効。
■パイロット技能証(P証) ■パイロット技能証(P証)
管理された空域において、競技飛行、記録飛行、検定飛行、その他すべての飛行を自己の判断と責任においておこなう技能を習得 管理された空域において、競技飛行、記録飛行、検定飛行、その他すべての飛行を自己の判断と責任においておこなう技能を習得
パイロット技能証所持者が取得できる技能証
■クロスカントリー技能証(XC証)
P証所有者が、航空法等あらゆる関連法規を遵守し、クロスカントリーフライトによる競技飛行、記録飛行、その他すべての飛行を自己の判断と責任において行う技能を習得
■タンデムパイロット技能証(T証)
管理された空域において、同居親族またはP証を有する同乗者と共にタンデムグライダーによる飛行を自己の判断と責任において行う技能を習得
■上級タンデムパイロット技能証(上級T証)(3年間有効)
管理された空域において、パッセンジャーと共にタンデムグライダーによる飛行を自己の判断と責任において行う技能を習得
■レスキューパラシュートリパック認定証(リパック証)(3年間有効)
レスキューパラシュートのパッキング、ハーネスへの装着、取り出しについての専門的な知識、技術を習得
■補助動力技能証(補助動力証)
管理された空域において、補助動力による高度獲得後、動力停止による飛行を自己の判断と責任ににおいて行う技能を習得
■助教員技能証(3年ごとに更新)
■教員技能証(3年ごとに更新)
技能証規程体系に属さない技能証
■MPG技能証(MPG証)
補助動力を利用し、平地から離陸および平地への着陸を行う技能、および高度獲得後の動力停止による飛行を技能証の効力に定められた範囲で、自己の判断と責任において行うことが出来る技能を習得

■MPG教員技能証(3年ごとに更新)
 
→ 補助動力技能証とMPG(モーターパラグライディング)技能証の違い
ページTOP

 
プライバシーポリシー © Japan Hang & Paragliding Federation   All Rights Reserved