ハンググライディング世界選手権
>>世界選手権

第1回 第2回 第3回 第4回 第5回 第6回 第7回 第8回 第9回 第10回 第11回 第12回
第13回 第14回 第15回 第16回 第17回 第18回 第19回 第20回        

>>日本選手権へ

 第1回 (*クラス分けは現在と異なり、すべてフレキシブル)
期間 : 1976年9月1日〜12日 
場所 : オーストリア コッセン
■スタンダードクラス 1位 Steinbach,C. (オーストリア)
  2位 Steinbach,J. (オーストリア)
  3位 Duncan,R. (オーストラリア)
  25位 西本久平
  28位 田口政幸
  29位 岡芳樹
 
■クラス2 1位 Delore,T. (ニュージーランド)
  2位 Kupchanko,D. (カナダ)
  3位 Moyes,S. (オーストリア)
  49位 木下徹二
  58位 小桜晴美
  59位 只野直孝
 
■クラス3 1位 Battle,K. (オーストラリア)
  2位 Price,S. (アメリカ)
  3位 Hotstetter,O. (スイス)
  22位 大河原茂
  40位 山崎勇祐
 第2回 (*クラス分けは現在と異なり、すべてフレキシブル)
期間 : 1979年7月30日〜8月11日
場所 : フランス グルノーブル
■クラス1 個人 1位 Guggenmos,Josef (西ドイツ(当時))
  2位 Carr,Johnny (イギリス)
  3位 Thevenot,Gerard (フランス)
  41位 西野光夫
  59位 早川博久
  63位 松尾悦志
  68位 岡芳樹
  70位 大平雅大
  107位 高見正治
  108位 菅沼孝伸
  119位 保呂田恒行
 
■クラス2 個人 1位 Miller,rex (アメリカ)
  2位 Hartl,Wolfgang (オーストリア)
  3位 Olschewsky,Hans (西ドイツ)
  29位 筧稔
 
■国別 1位 フランス
  2位 西ドイツ
  3位 イギリス
  11位 日本
 第3回 (*クラス2はリジッド)
期間 : 1981年10月1日〜11日
場所 : 日本 別府
■クラス1 個人 1位 GLopes,Padro Paulo (ブラジル)
  2位 Pfeiffer,Richard (アメリカ)
  3位 Slater,Graham (イギリス)
  21位 藤田直己
  45位 鈴木康之
  49位 市田博之
  60位 大平英二
  63位 奥野誠
  66位 浅田幸三
  71位 菅沼孝伸
  87位 早川博久
 
■クラス1 チーム 1位 イギリス
  2位 スイス
  3位 西ドイツ
  11位 日本
 
■クラス2 個人 1位 Bird,Graeme (ニュージーランド)
  2位 Lussi,Walfer (スイス)
  3位 Poscher,Hang (オーストリア)
  12位 田端澄人
  15位 二上浩充
  18位 平田敬二
 
■クラス2 チーム 1位 西ドイツ
  2位 スイス
  3位 ニュージーランド
  6位 日本
 第4回 (*クラス1のみの競技)
期間 : 1983年6月5日〜19日
場所 : ドイツ フュッセン(テーゲルベルク)
■クラス1 個人 1位 Moyes,Steve (オーストラリア)
  2位 Smith,Stew (アメリカ)
  3位 Hobson,Graham (イギリス)
  55位 岡芳樹
  72位 二上浩充
  106位 奥野誠
  140位 小島勲
  141位 山村森雄
 第5回 (*クラス1のみの競技)
期間 : 1985年5月25日〜6月9日
場所 : オーストリア コッセン
チームリーダー : 岡芳樹
■クラス1 個人 1位 Pendry,John (イギリス)
  2位 Moyes,Steve (オーストラリア)
  3位 Haney,Randy (カナダ)
  19位 池之上透
    外村仁克
    峰岸正弘
    小田島久則
    平田敬二
    内田孝也
    木下雅夫
    二上浩充
 
■クラス1 チーム 1位 イギリス
 第6回 (*クラス1のみの競技)
期間 : 1988年1月26日〜2月13日
場所 : オーストラリア ブライト
チームリーダー : 桂敏之
■クラス1 個人 1位 Duncan,Rick (オーストラリア)
  2位 Case,Bruce (アメリカ)
  3位 Moyes,Steve (オーストラリア)
  21位 肥田修
  26位 池之上透
  27位 峰岸正弘
  39位 田中栄一
  56位 坂本三津也
  60位 藤田直己
  108位 梅田昭守
  135位 藤沢和則
 
■クラス1 チーム 1位 オーストラリア
  5位 日本
 第7回 (*クラス1のみの競技)
期間 : 1989年7月8日〜22日
場所 : スイス フィェシュ
チームリーダー : 縣俊介
■クラス1 個人 1位 Whittall.Robert (イギリス)
  2位 Suchanek,Tomas (チェコスロバキア(当時))
  3位 Pendry,John (イギリス)
  36位 田中栄一
  54位 藤田直己
  65位 坂本三津也
  80位 肥田修
  116位 外村仁克
    (峰岸正弘 : 練習日に負傷、出場せず。)
 
■クラス1 チーム 1位 イギリス
 第8回 (*クラス1のみの競技)
期間 : 1991年2月24日〜3月10日
場所 : ブラジル ゴベルナドールバラダレス
チームリーダー : 内田孝也
■クラス1 個人 1位 Suchanek,Tomas (チェコスロバキア(当時))
  2位 Lopes,Pepe (ブラジル)
  3位 Coelho,Paulo (ブラジル)
  31位 今嶋功
  43位 田中栄一
  46位 梅田昭守
  67位 相川利生
  74位 峰岸正弘
    山本滋
 
■クラス1 チーム 1位 イギリス
 第9回 (*クラス1のみの競技)
期間 : 1993年6月27日〜7月11日
場所 : アメリカ オーエンズバレー
チームリーダー : 内田孝也
■クラス1 個人 1位 Suchanek,Tomas (チェコ)
  2位 Arai Christopher (アメリカ)
  3位 Gibson,Mark (アメリカ)
  20位 峰岸正弘
  54位 大野正樹
  64位 梅田昭守
  67位 外村仁克
  72位 田中栄一
  85位 安東正夫
 
■クラス1 チーム 1位 アメリカ
 第10回 (*クラス2競技も行われたがクラス1のみ参加)
期間 : 1995年7月1日〜15日
場所 : スペイン アージェル
チームリーダー : 内田孝也
■クラス1 個人 1位 Suchanek,Tomas (チェコ)
  2位 Ruhmer,Manfred (オーストリア)
  3位 Walbec,Richard (フランス)
  43位 今嶋功
  53位 坂本三津也
  56位 鈴木博司
  58位 市川正
  59位 池之上透
    外村仁克
    大野正樹
 
■クラス1 チーム 1位 オーストリア
 
■クラス2 個人 1位 Porter,Brisn (アメリカ)
  2位 Bertrand,Noel (フランス)
  3位 Hediger,AQndre (スイス)
 第11回 (*クラス1のみの競技)
期間 : 1998年1月26日〜2月9日
場所 : オーストラリア フォーブス
チームリーダー : 内田孝也   レポート
■クラス1 個人 1位 Gehrmann,Guido (ドイツ)
  2位 Bondartchuk,Oleg (ウクライナ)
  3位 Ruhmer,Manfred (オーストリア)
  37位 藤田直己
  39位 鈴木博司
  65位 宮本功
  66位 大野正樹
  73位 外村仁克
  75位 大門浩二
  109位 菊池守男
  123位 峰岸正弘
 
■クラス1 チーム 1位 オーストリア
  2位 ドイツ
  3位 イタリア
  10位 日本
 第12回
期間 : 1999年7月26日〜8月8日
場所 : イタリア モンテクッコ
チームリーダー : 内田孝也  現地レポート
アルバム集 : http://www.hang-aid.com/14gallery/album12.html
■クラス1 個人 1位 Ruhmer,Manfred (オーストリア)
  2位 Wolf,Andre Luiz (ブラジル)
  3位 Matos Pedro (ブラジル)
  17位 大門浩二
  57位 峰岸正弘
  65位 外村仁克
  102位 鈴木博司
  105位 波多野康雄
    (大沼浩 : 練習日に負傷、出場せず。)
 
■クラス1 チーム 1位 ブラジル
  2位 イギリス
  3位 オーストリア
  11位 日本
 
■クラス2 個人 1位 Kratzner,Christof (ドイツ)
  2位 Carr Johnny (イギリス)
  3位 Truttman,Hansjorg (スイス)
  18位 板垣直樹
 
■クラス2 チーム 1位 スイス
  2位 ドイツ
  3位 アメリカ
  9位 日本
 第13回 (*ワールドエアゲームズ(WAG)併催 )
期間 : 2001年6月16日〜30日
場所 : スペイン アルゴドナレス
チームリーダー : 内田孝也   現地レポート
アルバム集 : http://www.hang-aid.com/14gallery/album13.html
■クラス1 個人 1位 RUHMER, Manfred (オーストリア)
Icaro-Laminar MRX 14 <5190点>
  2位 HEINRICHS, Gerolf (オーストリア)
Moyes-Litespeed 4 <4929点>
  3位 REISINGER, Robert (オーストリア)
Icaro-Laminar MRX 14 <4771点>
  4位 HOLTKAMP, Rohan (オーストラリア)
Airborne-Climax 13  <4485点>
  5位 BAIER, Bob (ドイツ)
Moyes-Litespeed 4 <4380点>
  6位 NIEMEYER, Luiz (ブラジル)
Icaro-Laminar MRX 14 <4172点>
  7位 BOISSELIER, Antoine (フランス)
Moyes-Litespeed <4137点>
  8位 BERTOK, Attila (ハンガリー)
Moyes-Litespeed 5 <4123点>
  9位 GEHRMANN , Guido (ドイツ)
La Mouette-Topless III  <4117点>
  10位 RIGG, Gordon (イギリス)
Moyes-Litespeed 4  <4083点>
  58位 大門浩二
  69位 平林和行
  87位 氏家良彦
  89位 峰岸正弘
  90位 太田昇吾
  91位 外村仁克
 
■クラス1 国別
1位 オーストリア
  2位 ブラジル
  3位 フランス
  14位 日本
 
■クラス2 個人 1位 PLONER, Alessaandro (イタリア)
Air-Atos-C <5240点>
  2位 CIECH, Cristian (イタリア)
Air-Atos-C <4984点>
  3位 TRIMMEL, Manfred (オーストリア)
Air-Atos-C <4464点>
  4位 BUSSINGER, Diego (スイス)
Air-Atos-C <4199点>
  5位 板垣直樹 (日本)
Air-Atos <4184点>
  6位 CHAUMET, David (フランス)
La Mouette-Rigide <4174点>
  7位 POSCH, Johan (オーストリア)
Air-Atos <4086点>
  8位 MIEDERHOFF, Ralfo (ドイツ)
Air-Atos <3842点>
  9位 HUPPERT, Michael (スイス)
Air-Atos <3723点>
  10位 PLONER, Alessaandro (オーストリア)
Air-Atos-C <3608点>
  17位 大沼浩
  20位 古坂学俊
  26位 境卓史
 
■クラス2 国別 1位 イタリア
  2位 オーストリア
  3位 スイス
  4位 日本
 第14回 (*クラス1のみの競技 )
期間 : 2003年8月16日〜30日
場所 : ブラジル ブラジリア
チームリーダー : 郷田徹   レポート
■クラス1 個人 1位 RUHMER, Manfred (オーストリア)
Icaro Laminar MR <8685点>
  2位 REISINGER Robert (オーストリア)
Icaro Laminar MR <8314点>
  3位 BOISSELIER Antoine (フランス)
Moyes Litespeed S4 <7887点>
  4位 NENE ROTOR Alvaro Sandoli (ブラジル)
Wills Wing Talon <7881点>
  5位 SCHMITS Betinho (ブラジル)
Moyes Litespeed S4 <7856点>
  6位 GEHRMANN Guido (ドイツ)
Aeros Combat 2 <7761点>
  7位 GUILLEN Bruno (フランス)
Moyes Litespeed S4 <7480点>
  8位 COOMBER Kraig (オーストラリア)
Moyes Litespeed S4 <7372点>
  9位 SALDANHA Gustavo (ブラジル)
Moyes Litespeed S4  <7251点>
  10位 WARREN Curt (アメリカ)
Moyes Litespeed S4  <7156点>
  21位 大門浩二 Aeros Combat 2 <6719点>
  44位 鈴木博司 Laminar MRX 13 <5826点>
  54位 板垣直樹 Moyes Litespeed S4 <4981点>
  57位 平林和行 Moyes Litespeed S4 <4866点>
  67位 大沼浩 Laminar MR 14 <4088点>
  77位 安東正夫 Moyes Litespeed S4 <3589点>
 
■クラス1 国別
1位 オーストリア
  2位 ブラジル
  3位 フランス
  4位 イタリア
  9位 日本
 第15回 (*クラス1のみの競技 )
期間 : 2005年1月6日〜19日
場所 : オーストラリア ヘイ
チームリーダー : 郷田徹
■クラス1 個人 1位 BONDARCHUK Oleg (ウクライナ)
Aeros Combat L <6455点>
  2位 REISINGER Robert (オーストリア)
Icaro Zero 7 <6281点>
  3位 HEINRICHS Gerolf (オーストリア)
Moyes Litespeed S4 <6100点>
  4位 COOMBER Kraig (オーストラリア)
Moyes Litespeed S4 <6060点>
  5位 ALONZI Mario (フランス)
Aeros Combat L <6057点>
  6位 BERTOK Attila (ハンガリー)
Moyes Litespeed S4.5 <7761点>
  7位 PLONER Alessandro (イタリア)
Icaro Laminar 2000 <5934点>
  8位 HAZLETT Brett (カナダ)
Moyes Litespeed S4 <5928点>
  9位 GEHRMANN Guido (ドイツ)
Aeros Combat 13L  <5920点>
  10位 DURAND Jon Jnr (オーストラリア)
Moyes Litespeed S4  <5912点>
  21位 大門浩二 Aeros Combat L <5208点>
  48位 野間靖弘 Moyes Litespeed S3.5 <4005点>
  49位 永光秀明
  51位 板垣直樹 Moyes Litespeed S4 <3926点>
  56位 外村仁克 Moyes Litespeed S3.5 <3636点>
  77位 大沼浩 Icaro Zero 7 <3153点>
 
■クラス1 国別
1位 オーストラリア <18694点>
  2位 オーストリア <18565点>
  3位 フランス <17838点>
  4位 イタリア <17407点>
  5位 アメリカ <17044点>
  6位 ドイツ <16903点>
  7位 日本 <15197点>
 第16回 (*クラス1のみの競技 )
期間 : 2007年8月9日〜19日
場所 : アメリカ テキサスBigspring
チームリーダー : 北野
大会公式サイト : http://ozreport.com/2007worldsscores.php
チームリーダー大会報告サイト :http://hangaid.exblog.jp/5943079/
アルバム集 : http://www.hang-aid.com/14gallery/album16.html
ハングエイド2007 : http://www.hang-aid.com/
■クラス1 個人 1位 BERTOK, Attila (HUN) <6403点>
  2位 REISINGER, Robert (AUT) <6387点>
  3位 HEINRICHS, Gerolf (AUT) <6124点>
  4位 ALONZI, Mario (FRA) <6096点>
  5位 PLONER, Alessandro (ITA) <6036点>
  6位 WIRDNAM, Gary (GBR) <6011点>
  7位 COOMBER, Kraig (AUS) <5965点>
  8位 WALLBANK, Carl (GBR) <5827点>
  9位 BADER, Lucas (DEU) <5823点>
  10位 VYHNALIK, Dan (CZE) <5749点>
  26位 板垣直樹 <5214点>
  27位 鈴木博司 <5212点>
  32位 大門浩二 <4956点>
  54位 加藤実 <4015点>
  82位 鈴木由路 <2864点>
  84位 外村仁克 <2833点>
 
■クラス1 国別
1位 イギリス
  2位 フランス
  3位 オースリア
  4位 イタリア
  5位 ドイツ
  6位 オーストラリア
  7位 日本
  8位 アメリカ
  9位 ブラジル
  10位 チェコ
 第17回 (*クラス1のみの競技 )
期間 : 2009年6月21日〜7月4日
場所 : フランス Laragne
チームリーダー : 北野 レポート
大会公式サイト : Chabre 2009
■クラス1 個人 1位 Alessandro Ploner (ITA) <5046点>
  2位 Jon Durand (AUS) <4935点>
  3位 Thomas Weissenberger (AUT) <4695点>
  4位 Zac Majors (USA) <4594点>
  5位 Gordon Rigg (GBR) <4581点>
  6位 Antoine Boisselier (FRA) <4568点>
  7位 Dustin Martin (USA) <4558点>
  8位 Nene Rotor (BRA) <4556点>
  9位 Dan Vyhnalik (CZE) <4547点>
  10位 Manfred Ruhmer (AUT) <4535点>
  37位 大門浩二 <3633点>
  42位 和田典久 <3592点>
  47位 平林和行 <3294点>
  58位 田中元気 <2986点>
  62位 鈴木博司 <2785点>
 
■クラス1 国別
1位 イタリア
  2位 オーストリア
  3位 フランス
  4位 ブラジル
  5位 オーストラリア
  6位 アメリカ
  7位 イギリス
  8位 スロバキア
  9位 日本
  10位 ノルウェー
 第18回 (*クラス1のみの競技)
期間 : 2011年7月19日〜7月29日
場所 : イタリア モンテクッコ
チームリーダー : 北野 レポート
■クラス1 個人 1位 Alessandro Ploner (ITA)
  2位 Christian Ciech (ITA)
  3位 Primoz Gricar (SLO)
  4位 大門浩二 (JPN)
  5位 Elio Cataldi (ITA)
  6位 Manfred Ruhmer (AUT)
  7位 Andre Djamarani (GER)
  8位 Grauco Pinto (BRA)
  9位 Antoine Boisselier (FRA)
  10位 Gerd Doenhuber (GER)
  23位 太田昇吾
  27位 鈴木博司
  33位 板垣直樹
  46位 氏家良彦
  64位 平林和行
 
■クラス1 国別
1位 イタリア
  2位 フランス
  3位 オーストリア
  4位 日本
  5位 イギリス
 第19回 (*クラス1のみの競技)
期間 : 2013年1月5日〜1月18日
場所 : オーストラリア フォーブス
チームリーダー : 北野 レポート
大会公式サイト : Forbes Flatlands
■クラス1 個人 1位 Manfred Ruhmer (AUT) 
  2位 Alessandro Ploner (ITA)
  3位 Filippo Oppici (ITA)
  4位 Attila Bertok (HUN)
  5位 Pedro Luis Garcia Morelli (ESP)
  6位 Grant Crossingham (GBR)
  7位 Primoz Gricar (SLO)
  8位 Balazs Ujhelyi (HUN)
  9位 Scott Barrett (AUS)
  10位 Antoine Boisselier(FRA)
  32位 鈴木由路
  53位 太田昇吾
  58位 板垣直樹
  64位 氏家良彦
  81位 砂間隆司
  85位 外村仁克
 
■クラス1 国別
1位 イタリア
  2位 アメリカ
  3位 イギリス
  4位 オーストラリア
  5位 ドイツ
  11位 日本
 第20回
期間 : 2015年2月28日〜3月13日
場所 : メキシコ バジェ・デ・ブラボー
チームリーダー : 北野 レポート
大会公式サイト :
■クラス1 個人 1位 Christian Ciech (ITA) 
  2位 Boisselier Antoine (FRA)
  3位 Christian Voiblet (SUI)
  4位 Petr Bene? (CZE)
  5位 Attila Bertok (HUN)
  6位 Dan Vyhnalik (CZE)
  7位 Jonny Durand (AUS)
  8位 Manfred Ruhmer (AUT)
  9位 Balazs Ujhelyi (HUN)
  10位 Rodolfo Got?s(MEX)
  30位 砂間隆司
  49位 鈴木由路
  50位 太田昇吾
  70位 外村仁克
  73位 牟田園明
  77位 大沼浩
  82位 石坂繁人
  85位 岡田伸弘
 
■クラス1 国別
1位 イタリア
  2位 フランス
  3位 オーストラリア
  13位 日本
pagetop↑


前のページに戻るHG競技委員会TOP