JAPAN HANG&PARAGLIDING FEDERATION
フライヤーサポートデスク・連盟からのお知らせ

photocon5
photocon5

最優秀賞 優秀賞 入選 審査員総評

最優秀賞 「夢心地」 前島聡夫 (静岡県朝霧エリア)

 アイスブルーの濃淡がまるで日本画のよう。風景の美しさに感動しながらシャッターを切られたのではないでしょうか。鳥のように雲間を飛ぶパラグライダー、とても臨場感があります。ワイド画面に敢えて対象を遠景で捉えることにより、非日常のスケール感を生みだしています。計算された画面構成はさることながら、撮影者の方は偶然ではなくこのシーンに出会ったのかな?と推察。自然の中で行うスポーツであり、気象天候は飛ぶ上でも撮影するにも重要なポイント。その点でも見事です。次回もぜひ独自の視点・構成での作品を見せていただけたらと思います。本当に美しい。おめでとうございます。  [審査員 嘉納]
 大空を気持ちよさそうに飛んでいるパラグライダー。そのさらに上から絶妙な構図で撮影しています。広角で雲と光をうまく画面に取り入れ、個人的にとても好きな雰囲気の作品です。動力のあるモーターパラグライダーとは違い、上昇気流を使って上昇する通常のパラグライダーでこの高度まで上げるのは容易ではありません。さらにそこまで行ってカメラを構え、しっかりと構図を決めて撮るにはそれなりの経験が必要です。パラグライダーだけではなく、写真の知識、技術も必要となります。ただ欲を言えば露出を調整してもう少し白飛びを抑え、雲の向こうの階調を出せれば完璧でした。いずれにせよ最優秀賞にふさわしい作品です。 [審査員 山本] 

優秀賞 「秋のフライト」 村山哲哉 (滋賀県彦根市荒神山)
akinoflight

 紅葉カラーの水玉を前に配し、おとぎ話の絵本の挿絵のようなファンタジックな一枚になっています。他の応募作品にはなかった手法です。1/2500の高速シャッターを切ることによってピタッとハングライダーとパイロットが画面の中で止まっており、ピントもばっちりきまっています。被写界深度を利用した画面の中でジオラマのような雰囲気も醸し出しています。ピントや発想、センスは申し分ありません。ただ、水玉で画面全体を覆い、奥に薄っすら山の木々が写っているふうに撮るともっと素敵だったのでは、という気がします。好みかもしれませんが。また物語のような素敵な写真をお待ちしています。おめでとうございます。  [審査員 嘉納]
 ぱっと見で他の作品とは異なる構図、色使いで目を奪われました。飛んでいるハングライダーをただ撮るだけではなく、このように手前に大胆にボケを入れることでとても印象的な作品に仕上がっています。手前のボケている木が紅葉で色づいているのに対し、奥の木々が緑であることでハングライダーが引き立てられています。空撮ではなく地上での撮影ですが、飛んでいるハングライダーを画面のどこに入れて切り取ろうか構図を練り、楽しみながら撮影されたのではないでしょうか。コンパクトデジカメやスマホの性能が上がって誰もが綺麗な写真を撮れるようになりましたが、やっぱりまだまだ一眼レフはいいなと思わせてくれる作品です。 [審査員 山本]

入選 「空中交差点」 中村正哉 (山口県岩国市高照寺)
kuchukosaten
入選 「BIG FUJIYAMA」 林 勇孝 (山梨県忍野エリア)
bigfujiyama
入選 「芦ノ湖と富士」 Tannaflyer (静岡県丹那エリア)
asinokotofuji
入選 「キラリ」 中村浩希 (愛知県空ともウインドパーク)
kirari
入選 「ノイシュバンシュタイン城とともに」 福田武史 (ドイツ)
neuschwansteinjo
入選 「イタリア バッサノ」 加藤かおり (イタリア)
italiabassano
入選 「夕方は最高!」 富樫 岳 (山形県南陽スカイパーク)
yugatawasaiko

嘉納愛夏

Photographer
 たくさんの応募作品でした。ハングライダーの作品が増えてとても喜ばしく思います。ただ、普通に横から撮った写真が多く、また、同じシーンのカット違いを複数枚応募されている方が多く、そこは残念でした。応募作品には「これ!」という自信のある一枚を。今回はなぜか春に撮られた写真がほぼありませんでした。スカイスポーツということもあってブルーの画面が多いのも分かりますが、もう少し色彩豊かなものも見たかったです。このコンテスト、カレンダー写真の選考も兼ねているので、季節のバリエーションというのはとても大事なんですよ。雪山や初日の出、桜、鯉のぼりやクリスマスといった一目で季節・月がわかる写真は見ていて楽しく、選ばれやすいと思います。もちろん、写真的にしっかりしている、というのが重要です。撮りためて、また2年後にお見せいただけたらと思います。
 ありがとうございました。
山本直洋

Aerial Photograher
 二年ぶりのフォトコンテストでしたが、クオリティの高い作品が多く集まりました。360°カメラを使用したものや、小さなアクションカメラを活用した作品などもあり、バラエティに富んだ内容でした。今回で5回目のフォトコンテストとなり、第一回の時と比べると全体的にクオリティが上がってきたように思います。カメラの性能がどんどん上がってきたことで、撮影機材の事にあまり詳しくないフライヤーでもとりあえずどこかにカメラを取り付けて飛ぶだけで素晴らしい写真が撮れたりします。今まで写真にあまり興味なかった方もとりあえず小さなカメラを付けて飛び、気軽にフォトコンテストに応募してみてください。
 次回はさらに多くの作品が集まることを楽しみにしております。
安田英二郎
yasuda
JHF副会長
 フォトコンテストの審査を毎年見てきましたが、光や影をうまく使った写真としての完成度の高い作品、これまでにない斬新なアングルの作品、一瞬のシャッターチャンスを生かした作品、あるいは動物や人を写しこんだ楽しそうな作品、そういう写真が多くの賞を取ってきた気がします。今回もそういう作品が審査員から高い評価を受けました。また、カレンダー用の写真については季節性が大きなテーマになるので、新年にふさわしい写真や季節を代表する被写体を写し込まれると選ばれやすくなります。
 地上からの撮影でも入選は充分可能です、今後も素晴らしい作品をフォトコンテストに応募してください。


© Japan Hang & Paragliding Federation  All rights reserved