パラグライダー・ハンググライダースクール検索!/パラグライダーでどのくらいの時間、飛ぶことができますか?

パラグライダー・ハンググライダースクール

パラグライダー・ハンググライダーを始めるなら、国際パイロット技能証が取得できる
JHF登録スクールで!

HOME サイト内検索 JHF (日本ハング・パラグライディング連盟) お問合せ
 TOP インフォメーション > パラグライダーでどのくらいの時間、飛ぶことができますか?

 パラグライダーでどのくらいの時間、飛ぶことができますか?

それは天候とあなたの腕次第です。

そこそこの風があり、上昇気流を掴まえて乗り継げれば、距離を伸ばしながら1~2時間フライトして帰ってくることができます。離陸したフライトエリアから出発して長距離記録を目指して飛ぶ人は、6時間前後飛び続けます。一定の海風と上昇風を受けてフライトできる石垣島では24時間飛行の記録があります。

上昇気流がなく無風のときは、テイクオフ(離陸する場所)からランディング(着陸する場所)まで直行、数分で降りてしまうことになります。これを「ぶっ飛び」と言います。