パラグライダー・ハンググライダースクール検索!/パラグライダーの安全性

パラグライダー・ハンググライダースクール

パラグライダー・ハンググライダーを始めるなら、国際パイロット技能証が取得できる
JHF登録スクールで!

HOME サイト内検索 JHF (日本ハング・パラグライディング連盟) お問合せ
 TOP インフォメーション > パラグライダーの安全性

 パラグライダーの安全性

 パラグライダーはとても安全です。パラグライダーは、ナイロン製の柔らかい生地から出来ていて、飛行方向前面に並んだ開口部(インテイク)から空気を取り入れ、全体を膨らませて翼を形成しています。パイロットが翼から遠いところにぶら下がっているため、重心位置が低くとても安定しています。

 最近のパラグライダーは、乱気流の中で、多少翼が潰れても自動的に回復するような設計がされています。またドイツやEUの試験を通過したものしか、市販されていません。
 また、ハーネスと呼ばれるパイロットが座る部分には、エアーバッグなどの衝撃を吸収する機構や素材が使われていて、衝撃からパイロットを守ってくれます。さらに、レスキューパラシュートと呼ばれる緊急用のパラシュートを携帯することが義務づけられており、空中でコントロールできなくなった場合、このパラシュートを開いて安全に地上に降りるようにします。
 
 とはいえ、強風の時に飛んでしまったら、予想もつかない事態になります。パラグライダーは風にさからって飛ぶスポーツではありません。風と友達になろう!ベテランパイロットは、条件が悪いと思われるときは、「飛ばない」という決断をします。

 ここで、紹介する体験コースやタンデムフライトは、経験を積んだインストラクターが注意深く気象を判断してフライトします。本格的にフライトする時は、公益社団法人日本ハング・パラグライディング連盟(JHF)の教員のもとで教習を受け、知識と経験を深めながら技能証取得に挑戦しましょう。練習生からパイロットへと成長するにつれ安全にフライトする総合力が身に付きます。

 みなさん安心してパラグライダーを始めて下さい。

|HOME|