putty ssh
JAPAN HANG&PARAGLIDING FEDERATION
公益社団法人日本ハング・パラグライディング連盟
スカイスポーツ講座登録スクール一覧フライトエリア一覧JHFのご案内JHFレポート リンクサイトマップ総合窓口・お問い合わせ

フライヤーサポートデスク
連盟からのお知らせ
フライヤー会員について新規登録と登録更新
技能証について
IPPIカードについて
会員住所氏名変更
注文・申請・応募
事故報告等 各用紙
実技科目チェック表他
リパック認定証について
助教員検定について
教員検定について
各種保険について
国際技能記章
デジタル無線機貸出
よくあるお問い合わせ

委員会組織
常設委員会について
安全性委員会
HG競技委員会
PG競技委員会
補助動力委員会
役員選任実行委員会

大会情報
競技について
ハンググライダー
パラグライダー
FAI/CIVL
イベントカレンダー

記録
国内記録(JHF)
日本記録(JAA)
ハンググライダー
パラグライダー
世界記録(FAI/CIVL)


フライヤーサポートデスク
 TOP > フライヤーサポートデスク[各種保険について] > タンデムフライヤーとフライヤー会員第三者賠償責任保険
■タンデムフライトとフライヤー会員第三者賠償責任保険
1.
フライヤー会員第三者賠償責任保険とタンデムフライト
フライヤー会員第三者賠償責任保険では、保険の対象となるパイロットが、ハング・パラグライディングに起因して対人・対物事故を発生させた場合、それについて に負う法律上の賠償責任がカバーされます。タンデムフライト時にパイロットの過失によって同乗者にケガを負わせた場合等についても、当該パイロットの過失部分(法律上の賠償責任)は、 本保険でカバーされます。
2. タンデムフライトにおける保険適用の注意点
1 パイロットの同居の親族に対する賠償責任は保険の対象外となっております。
2 スクール等での業務遂行中の事故や有料でのタンデムフライトによる事故等、補償の対象とならないケースがあります。
3 スポーツを行っている間のスポーツ参加者同士の事故は、それぞれのスポーツの性質やルール等について一定の共通認識を有する 者同士の賠償事案となるため、第三者に対する賠償事故の場合と異なり、故意や重過失がないと仮定すると、一般的にパイロットに100%の過失が生じるケースは少ない と考えられます。(「タンデムフライトの同乗者のケガの治療費等が、パイロットが加入する第三者賠償責任保険で常に賄えるわけではない」ということになります。)

JHF総合保障制度
 JHFが契約者となって、フライヤー会員が加入できる団体傷害保険を用意しています。 加入については、以下代理店までお問合せください。

 株式会社東海日動パートナーズ・ノースワン
 〒170-0013 東京都豊島区東池袋1-35-3 池袋センタービル10階
 TEL: 03-6907-4622
 FAX: 03-6907-4623


主催者賠償保険(施設賠償責任保険)
 イベント・競技会で、参加者や入場者に怪我を負わせた場合の賠償、その他第三者から求められた物的賠償などを法的責任の範囲内 でカバーするための主催者のための保険です。JHFの公認・後援大会やイベントに対して付与されています。(名義後援を除く)

 詳細はJHF事務局までお問合せください。

プライバシーポリシー © Japan Hang & Paragliding Federation   All Rights Reserved