putty ssh
インフォメーション [ハンググライディング競技委員会からのお知らせ]

競技規定と運営規定の改定

競技規定
W−2 【ミニマム距離】
1. 競技成立のミニマム距離は、10kmとする。
W−3 【タスク距離】
1. タスク距離は、参加選手の約20%の選手がゴールする様に設定する事が望ましい。(タスク設定はタスクコミッティーおよびセーフティーコミッティーにて設定する事)
W−14 【シリンダーセクター】
ターンポイントは半径200m〜400m のシリンダー
スタートポイントは半径400m以上 のシリンダー
スタートシリンダーがテイクオフとは別のパイロンに設定する場合は、他のターンポイントと同じ半径にする。
ただし、距離測定を上記に設定したスタートパイロンから測定する場合はシリンダー半径をMAX3000mまで設定できる。
テイクオフがスタートパイロンに設定する場合のシリンダー半径は規定しない。
運営規定
III-8 【競技にキャンセル】
ダミーが全くソアリングできない場合または、ソアラブルではない場合、競技委員長は競技をキャンセルすることができる。
またこのような条件の場合は、タスクコミッティーおよびセーフティコミッティは競技委員長に助言し、L/D競技にならないように協力すること。



前のページに戻る

Copyright (C)2004 Japan Hanggliding&Paragliding Federation. All rights reserved.