putty ssh
インフォメーション [ハンググライディング競技委員会からのお知らせ]

インターバルエアースタートのルールを修正

インターバルエアースタートのルールを修正(クラス1・クラス5共通)
W−13 【時間の計測】
1.飛行時間はスタートからゴールまでを計測し、秒単位とする。
a)スタート時間

スタート時間は、インターバルエアスタートとし、デパーチャーオープン時間から5分、10分、15分の間隔でスタートパイロンが開くもの。この場合選手がわかり易い00分、15分、30分、45分等とする。選手はスタートを切る場合は時間に合わせる必要があり、もし7分にスタートを切った場合この選手は00分のスタートとなり、55分の場合は45分のスタートとなる。(時間はGPS時計とする)

デパーチャーのオープン時間は最大60分とする。

ゲートオープンからデパーチャーオープンまでの時間は「(当日の参加者× 1分)/テイクオフの数」以上なければならない。

また一斉スタート (エアー及びグラウンド) の場合は,あらかじめ役員が指定した時間としてもよい。


前のページに戻る

Copyright (C)2004 Japan Hanggliding&Paragliding Federation. All rights reserved.