putty ssh


前のページに戻る

大 会 結 果 報 告 書   (総 合)

 

報告日:2000年 3月  日

大会名

第4回 日本ハンググライディング学生選手権

 

大会区分

HG

公認 ( A級 ・ B級 ・ 非公認 

 

開催日

2000年 3月 2日〜2000年 3月 5日

 4日間(休息日を除く)

 

開催地

福岡県浮羽郡田主丸町 耳納山エリア

 

           

競技結果

クラス

順位

氏  名

都道府県

使 用 機 体

所     属

得  点

 

 

 

 

 

 

 

高橋 元樹

千葉県

FUSION SP

習志野HG

780.3

 

松村 貴博

大阪府

TOPLESS

大阪大学P.F.C

732.6

 

稲手 謙二

京都府

LAMINAR ST

京大Zephyr

649.6

 

中東 秀夫

愛知県

KLASSIC

名古屋大HG

620.6

 

武 靖浩

京都府

XC

京大Zephyr

586.1

 

桜井 大朗

東京都

Stealth KPL2

中央大学HG

579.9

 

井上 元気

千葉県

XTL

EPO

500.6

 

野呂 文人

千葉県

Ultra Sports

EROSPAC

500.6

 

 

 

 

 

 

 

 

黒図 奈々

山口県

XC

SKY DUST

104.9

 

村井 由香利

山口県

XC

SKY DUST

104.9

 

竹原 愛

鳥取県

XC

鳥大HG

104.9

 

 

 

 

成立したフライト本数

3本

 

成立日の半分以上に参加した人数

56人

                       

大会概要

 大会期間4日間中3日フライトが成立と言うことで、天気にはまずまず恵まれた大会になりました。ただし、条件は渋かったため、タスクも多少厳しいものになりましたが、それでもうまい選手はちゃんと回れていました。大会3日目はあいにくの雨になりましたが、選手にもスタッフにも良い休息になり、その日の夕方は余ったパワーを飲み会につぎ込みました。最終日、けが人もなく無事に終わり、みんな再会を約束して、それぞれに返りました。

 

                        大会結果報告書 (各競技日毎の結果)

 

第 1日目

2000年 3月 2日

成立・不成立

 

参加の意志表示をした選手数

Nto

56人

ゴールした選手数

Nf

6人

設定されたタスク距離

Dt

20.9Km

最短フライト時間

Tmin

0:58:34

ミ ニ マ ム 距 離

Dmin

4.5Km

ゲートオープン累計時間

 

2:35:00

最 長 飛 行 距 離

 Dmax

20.9Km

 

 

 

 

タスク/設定パイロン(名称):TO-B(九電耳納中継所)-TO-E(ホテル千鶴)-C(JR鉄塔)-F(内山グリーン)-D(養護学校)-LD

 

気象条件:北東の風 3〜6m はれ

 

概要:山の上から発生するサーマルがポイントになりました。弱いリッジガ発生しており、そのリッジで山の上まで上がれた選手は逆転層を突き破るサーマルをつかむことができ、一気に高得点を目指しました。しかし、逆にそこで上がり損ね山から離れてしまうと、低い逆転層に阻まれなかなか山まで上げ直すのは難しくミニマムを回れない選手も続出。弱いリッジの使い方一つで大きな得点差が付くシビアな競技になりました。

 

第 2日目

2000年 3月 3日

成立・不成立

 

参加の意志表示をした選手数

Nto

56人

ゴールした選手数

Nf

0人

設定されたタスク距離

Dt

13.8Km

最短フライト時間

Tmin

0:00:00

ミ ニ マ ム 距 離

Dmin

4.5Km

ゲートオープン累計時間

 

1:55:00

最 長 飛 行 距 離

 Dmax

10.0Km

 

 

 

 

タスク/設定パイロン(名称):TO-I(緑化センター)-D(養護学校)-E(ホテル千鶴)-I-D-LD

 

気象条件:南の風 0〜1m 晴れのち曇り

 

概要:基本的にはフォローの風でしたが、サーマルブローによるアゲインストを利用して選手はテイクオフして行きました。沖の方でいくつかサーマルが発生しており、選手はそれを利用してパイロンを回りました。しかし、ブロー待ちのため、テイクオフの回転は悪く、人が上がり始めて列に並んだ選手は、しばらくテイクオフできませんでした。ブリーフィングの情報からすぐにテイクオフすることを選んだ選手だけは、いい条件でのフライトができました。

 

第 3日目

2000年 3月 4日

成立・不成立

 

タスク/設定パイロン(名称):

 

気象条件: 雨

 

概要:この日はクローズでした。各大学ともそれぞれ好きなところに遊びに行きました。夕方からレセプションがありましたが、遠くに遊びに行きすぎて遅刻する連中もいました。レセプションでは、キムチ鍋・しし鍋・おでん等、各種鍋物が振る舞われ、板垣さんや高橋元樹さんたちのありがたいお話も交えつつ、盛り上って行きました。

 

第 4日目

2000年 3月 5日

成立・不成立

 

参加の意志表示をした選手数

Nto

55人

ゴールした選手数

Nf

0人

設定されたタスク距離

Dt

32.6Km

最短フライト時間

Tmin

0:00:00

ミ ニ マ ム 距 離

Dmin

4.5Km

ゲートオープン累計時間

 

2:00:00

最 長 飛 行 距 離

 Dmax

4.7Km

 

 

 

 

タスク/設定パイロン(名称):TO-B(九電中継所)-D(養護学校)-C(JR鉄塔)-A(鷹取山鉄塔)-I(緑化センター)-D-LD

 

気象条件: 北西の風 0〜2m

 

概要:ランディングとテイクオフの中間地点に弱いサーマルが発生し、そこに巨大なガーグルが形成されました。ただし、ごく弱いサーマルだったので、そこから山に上げ返せた選手はほとんどなく、ミニマムを回れたのも1人のみでした。

 

氏   名

板倉 正卓

団 体 名

日本学生フライヤー連盟

連絡先住所

813-0013 福岡県福岡市東区香椎駅前

T E L

092-6**-7***

F A X

092-6**-7***

 


前のページに戻る