putty ssh

大 会 結 果 報 告 書   (総 合)

前のページに戻る


報告日:1999年11月 1日

大会名

第2回板敷オープン

大会区分

HG

公認 (B級)

ポイントシステム 対象

開催日

1999年10月22日〜1999年10月24日

 3日間(休息日を除く)

開催地

茨城県八郷町 板敷山エリア

競技結果

クラス

順位

氏  名

都道府県

使用機体

所     属

得  点

 

 

大門 浩二

茨城県

TOPLESS 13.5

.

1150.1

冨原 淳

埼玉県

LAMINAR ST 14

.

1037.6

大沼 浩

茨城県

TOPLESS 13.5

.

984.4

太田 昇吾

千葉県

RCS

.

881.6

峰岸 正弘

茨城県

LAMINAR ST 14

.

762.0

山本 貢

茨城県

FUSION 141

.

748.3

堀口 道明

埼玉県

TOPLESS 13.5

.

742.5

中神 克彦

東京都

TOPLESS 13.5

.

728.2




谷古宇 瑞子

栃木県

STEALTH KPL2 12

.

118.0

竹内 真由美

東京都

XC 132

.

78.6

古木 裕紀子

東京都

LAMINAR ST 12

.

41.0

成立したフライト本数

  2本

成立日の半分以上に参加した人数

37人

RVF累計

1.44444

上記人数の内のAシード人数累計

4人

上記人数の内のBシード人数累計

1人

上記人数の内のCシード人数累計

2人

大会概要

サラリーマンや学生に参加しやすい3日間の大会と言うことで始まった板敷オープンも今回が第2回目となった。日程が短いこと、行事の多い10月ということもあり37名の選手の参加に留まったが、今回初めてエアスタートを採用し、選手の反応もおおむね好評であった。3日間とも晴れたものの北風が止まらず、初日は不成立、残る2日も期待していたよりは好条件とはならなかった。しかし2日目は3人のゴールを得、その日2位でゴールした大門選手が、3日目も得点を重ね、1位となった。来年も今年の経験を生かし開催して行きたい。

 

大会結果報告書 (各競技日毎の結果)


 

第 1日目

1999年10月22日

不成立

 

参加の意志表示をした選手数

Nto

32人

ミニマム距離を超えなかった選手

(テイクオフをしなかった者も含む)

Nb

32人

設定されたタスク距離

Dt

29.5Km

ミ ニ マ ム 距 離

Dmin

4.0Km

 

タスク/設定パイロン(名称):
TO→J(大覚寺)→F(豊後荘病院)→J(大覚寺)→F(豊後荘病院)→メインランディング

気象条件:くもり

概要:   弱い北西風の雲天の中、13:40にゲートオープンしたが、十分に高度が得られず、ミニマムを超える選手がなく不成立となった。

  

第 2日目

1999年10月23日

成立

 

参加の意志表示をした選手数

Nto

37人

ミニマム距離を超え、なおかつ最長距離の半分以上飛行した選手数

Nh

 

19人

上記Ntoの内のAシード選手数

S

 4人

上記Ntoの内のBシード選手数

S

 1人

ミニマム距離を超えなかった選手

(テイクオフをしなかった者も含む)

Nb

11人

上記Ntoの内のCシード選手数

S

 2人

フライト有効計数

RVF

20Km以上飛んだ選手数

18人

設定されたタスク距離

Dt

34.0Km

ゴールした選手数

Nf

 3人

ミ ニ マ ム 距 離

Dmin

4.0Km

最短フライト時間

Tmin

1:04:06

最 長 飛 行 距 離

Dmax

34.0Km

ゲートオープン累計時間

4:15:00

TOP10人の合計飛行距離

290.3Km

ファーストゴールボーナス

−−−

 

タスク/設定パイロン(名称):
DP(ランディング)→V(筑波山山麓駅)→D(朝日峠)→メインランディング

気象条件:晴れ 北西→北風

概要: 晴れてはいたが、北風がおさまらずなかなか安定してソアラブルな条件にならなかった。本日は初めてのエアスタートを採用することになりゲートオープン時にエアスタート時刻を設定したが選手がよい条件を待ったため、何度かスタート時刻を変更したが、結果的にはよい時間に設定できた。選手がスタートし、テイクオフ前、筑波と良い条件であったが、北風が強まりゴールは3名にとどまった。

 

第 3日目

1999年10月24日

成立

 

参加の意志表示をした選手数

Nto

36人

ミニマム距離を超え、なおかつ最長距離の半分以上飛行した選手数

Nh

 

 4人

上記Ntoの内のAシード選手数

S

 4人

上記Ntoの内のBシード選手数

S

 1人

ミニマム距離を超えなかった選手

(テイクオフをしなかった者も含む)

Nb

21人

上記Ntoの内のCシード選手数

S

 2人

フライト有効計数

RVF

0.44444

20Km以上飛んだ選手数

 1人

設定されたタスク距離

Dt

30.2Km

ゴールした選手数

Nf

 0人

ミ ニ マ ム 距 離

Dmin

4.0Km

最短フライト時間

Tmin

−−−

最 長 飛 行 距 離

Dmax

21.3Km

ゲートオープン累計時間

3:00:00

TOP10人の合計飛行距離

94.2Km

ファーストゴールボーナス

−−−

 

タスク/設定パイロン(名称):
DP(ランディング)→V(雨引観音)→V(筑波山山麓駅)→メインランディング

気象条件:晴れ 北風 1〜2m/s

概要: 本日もエアースタートを採用したが、スタートできない状態なのにデパーチャーがオープンしてしまうという意見もあり、15分違いで2回の一斉スタートを設定した。午後東風が入るという予報だったが、北風はおさまらず、テイクオフ前で1000mゲインがせいぜいの状況だった。雨引きを取りリターンできる選手が少なく、ゴールはなし、筑波を取ってアウトランディングした阿部選手が本日のトップとなった。


前のページに戻る